第十回ミーティングを行いました。 2018/06

2018/06/02 13:00 -15:00

藤井さん
大塚さん
小林くん
高坂さん
藤原さん
佐藤順

本題あるから早めにおわしましょう

因みに六月の大喜利は
福祉にちなんでの謎かけ
父の日にちなんで
「こんな父親はいやだ」

星一徹のような父親
ゲイバーで働いている
パチンコが大好きな父親
アルコール依存の父親
ウルトラの父
日大の監督、やらなきゃ意味ないよ
父親が。。。。自爆
父親が悟空、戦ってばっかり、地球がやばい時しか役に立たない

気象記念日にちなんで
「こんな天気はいやだ」

晴れているのに槍が降ってくる
本当に槍が降ってくる
台風が3ついっぺんにやってくる
ゲリラ豪雨で郷ひろみが
太陽が忘れ物
台風が日本の周りをぐるぐる
ウォーキングデットな天気

海外移住の日にちなんで
「こんな外国人はいやだ」

支払いの時、ワンダラー、ツーダラー、スリーダラー、アホンダラーという
友人がスティーブンセガール
自分の文化を押し付ける
和食が嫌い
日本語が喋れる
日本人にしか見えないのに日本語が喋れない
外国人なのに日本語しか喋れない
銃を持っている
マイクロチップでポスレジを登録する

最後に自分がコインblogを立ち上げた事にちなんで
「こんなコインはいやだ」で行きますので宜しくお願いします。

藤原さんが肖像のコイン
大きすぎるコイン
チョコレート
おもちゃの百万円札を使う
偽造500円玉コイン
紙幣の肖像が笑っている
手裏剣みたいなコイン
投げて使うコイン
思ったよりも価値がある
暴落したビットコイン
地球全体がコイン

5分で終わった!!!!

後、会議の内容は、よく覚えていないのですが、これから何をするか?みたいな話だったと思います。

まとめると、ピアカウンセリングの方向性と組合とか団体の方向性があるようでした。

私の意見なのか、その辺がよく覚えていないのですが、それぞれのやりたい活動をみんなで応援するという方向性になったと思います。

第八回 ミーティングを行いました。 2018/04

2018年4月7日(土) Peer萬屋定例会を行いました。

まずは、

名前
気分・体調
近況報告(あれば)

の確認。

そのあと、大喜利。

謎かけ
お題:ぴあサポート
ぴあサポートの活動とかけて、比叡山の修行ととく、一歩一歩積み重ねが大事です。
ぴあサポートの活動とかけて、比叡山の修行ととく、一歩一歩の階段、技術の向上が大切です。

やだシリーズ
こんな嘘をつかれたらやだなと思うエイプリルフール
言ったことが全て本当になってしまう。
四年に一回しか来ない、嘘のオリンピック。

4月は、宇宙飛行士の日、こんな宇宙飛行士は、いやだ
命綱がない
ブラックホールに吸い込まれてしまう
火星人と会話をすると意外とまともだった
宇宙人と会話をしている
宇宙船の中でUFOと会話をする
神頼み
宇宙飛行中にフリーザが現れる
ついた惑星がナメック星だった
免許がない
ベビーカーしか運転したことがない

こんな学校は嫌だ
旅行しただけで単位がもらえる
落第する小学校
5歳児が大学院に入っている学校
全員リーゼント、茶髪、シンナーが流行っている学校
大学を卒業すると高校に戻る
メダカの学校
殺人以外なんでもありな学校
教室の中に暗殺教室の主人公がいる
半分以上落第する学校
先生が生徒に教わっている学校

5月は、看護師の日
こんな看護師は嫌だ
寝ていたら突然採血をされる
なんども採血する
検温の際、なにこれと変な絡みをしてくる
なんども体調を確認する
すぐ脱がせる看護師
すぐ脱ぐ看護師
ナースコール10回に1回しかこない看護師
看護婦の格好をした、看護師
無免許の看護師
金勘定がうまい看護師
勤務中酒を飲んでいる看護師
自分が大変でトイレから出てこれない看護師

5月の第二週が母の日
こんなかあさんはいやだ
自分が集めている猫を横取りする
妹が母親
母親が動物、キリンとかね
ツンデレな母親
人の書類を読んでしまう
自分の部屋に入ってくる
自分の秘密を人に話す
姪っ子と母親が似ている

こんな子供は嫌だ
俺の顔を見るたびに藤原さんと茶化す
人の顔を見て怖いとなく
ヘビッチのような子供
1億円持っている子供
マイクロソフトのCEOをやっいる子供
明らかに子供なのにバイクを乗っている子供
3歳でグレている
兄弟にお母さんという子供

5月場所
こんな相撲はいやだ
力士がぶっ倒れた時に女性が土俵に上がり、土俵からおりてくださいと言われる
バク転して勝つ力士
魔法を使う
回しが外れる
回しが競技中に脱げてしまう
入場中、入場曲が流れる
力士がマイクパフォーマンスをする
お酒を飲んでいる
モンゴル相撲をする
反則ばかりをする
凶器を持っている
写真を撮る
写真は撮らず、年だけとる
取組後に加藤一二三になっている

最後の落ち
土俵の中のイカを自分で食べている

今後のぴあサポートのあり方??
施設に行くときに友人を乗せてゆこうとしたらダメだと言われた

Peer萬屋の今後は?
会報誌を作る
仲間を募る

コアメンバーがいた方が良い

ぴあサポータをやりたい人はいるがして欲しい人はない

朝日病院のデイケア、自治医大病院の精神科

大学の先生に聞いたら岡本台病院には自助グループを支援するセンターがある

ぴあサポーターよりは、セルフヘルプから入った方がいいのでは?

岡さん??は、センターの人

他の事業所さん

小山には、自助グループの代表者はいない

赤荻さん、ぴあサポーターは、金になるのか??

ぴあサポートは慈善事業ではない

ぴあサポートにどのような効果があるかというエビデンスがない

成果がないと。。。。

行政を動かすしかない

県の方に意見箱を入れたらどうか??

栃木県庁に話をしにゆく

ぴあサポートは好きでやってるくらいにしか思われていない

金を持っていない人に対する仕事だから助成金をもらうしかない

ぴあサポーターは誰でもできるけど、仕事にはならないのでは。。。。

自分も疲れることもある

同じことなんども言うので関わっていると精神的に疲れる

ぴあサポーターでしかできないことってなんだろう

病気の経験

医者と患者の間に入るしかないのかな

企業でもうつ病があるので

精神は、波があるので続かない、信用されない

午後調子が悪くなって、帰ってしまう

精神障害者の女性との差別があるのでは

リカバリーなんだよね

ぴあサポートが仕事になればいいというのが意外だった

ベテルのぴあ事業は、ぴあサポーターの派遣

1時間2500円から3000円、何ヶ月も先も予約でいっぱい

東京では結構な仕事になる

行く人も何人かいるので、切り替えられる

今後の Peer 萬屋は??
藤井さんが鍵を預かれない
お金は、どう扱えば良いのか??返金するのか??
毎月が良いのか??
金曜日に鍵を預かれない、土曜日が参加できない
開催を3ヶ月に1回、2ヶ月に1回??
開催場所をくららにするか??鍵の開け閉めが必要ないから
文化センターは有料で高い
古河市は、駐車場もある
藤原さん抜きで決めるのもあれですね
高坂さんが5月は、無理
6月以降は、また決めましょう

第七回 ミーティングを行いました。 2018/03

3/3(土) Peer 萬屋

最初に大喜利

Peer であることを生かして、仕事にできることがないか可能性を探る議論をした。

・パソコン講座(プログラミングetc)市民講座
・大喜利
・セルフカウンセリング
・ピアサポーターの経験を生かした講座
・一般市民に向けてピアサポーター、何かを伝えてゆく
・精神疾患に関する教育を幼少期から行ってゆく、社会的流れを作って行きたい
・当事者の家族への相談窓口のようなものを行ってはどうか?時間は、夕方から夜間に行ってゆくのはどうか
知名度を上げることと自分たちが生活して行けるようにしてゆくこととどちらが先か

ピアサポーターは、どういうものかということを、ピアとはどういうものかということを考えてゆく会に Peer 萬屋をして行きたい

Peer 萬屋独自の Peer 活動
方向性を探って行きたい
パソコンポスター啓蒙活動
リカバリーがノウハウ
疑問:リカバリー(精神的、経済的自立)のいち過程にいる自分たちが生き易くしてゆくにはどうしたら良いか
自分たちで考えたり、人の意見を取り入れてゆく
SNSは、万能ではない
一般の人たちに向けて啓蒙
啓発活動をして行きたい
蔵の街映画祭で、精神疾患者の啓蒙活動を毎年行っていて、一定の成果を上げている
まずは、障害者雇用を行なっている会社の中で対象とする会社を見極めてゆく
精神保健福祉士、行政書士の資格を活かせるものではないか?

精神疾患を持っている人の中では、全体の2割くらいの人しか働いている人はいない
392万人中、2万人しか一般就労をしている人がいない、福祉的就労をしている人も10万人くらいしかいない、後の人は、引きこもり!!
厚生労働省は、在宅での仕事を勧めている
次回は、ピアの売りにできることは何かを話し合おう
例、ITを活用した、就労の仕方もある
こぼれ話
16万円以上、収入があって、その翌年、B型で就労しようとすると、3万7000円の利用料がかかる
年齢がある程度くると周りの仕事に対する考え方が違ってくる
最低賃金ぐらいは、得られる仕事がしたい、しかし、2000時間働いて、160万円、800円×2000時間